Tonfiskatt

Om mitt liv i Stockholm
−スウェ−デンでリトアニア語と福祉−
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
木漏れ日のラトヴィア
木漏れ日のラトヴィア (JUGEMレビュー »)
黒沢 歩
ラトビアの首都リガに暮らす日本女性によるラトビア考察。ラトビアの素顔が見えてきます。
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
att bo utmlands
外国に住むというのは当初予想していたよりはるかに大変なことでした。かつてEU圏内の某国に1年間留学していた時は、ビザの切れ具合と持ち合わせのお金の支出をコントロ−ルするくらいで特にそれといった問題も無かったのですが、同じ外国に住むといっても、移住するのと留学とでは根っから性質が違うということを切に感じています。

移住するというのは、そこに根を下ろしてその社会の中で生きていくということで、年金、税金、家族計画、職業、生きがい、社会貢献など全てをひっくるめて人生設計をしなければならないんですよね。
続きを読む >>
| Mary | Mina Tankar | comments(4) | trackbacks(0) |
思っていることをつらつら
Mina Tankar とはスウェ−デン語で言うと『思っていること』とでも訳せましょうか。というわけで、新しいカテゴリ−追加です。
| Mary | Mina Tankar | comments(0) | - |
<new | top | old>