Tonfiskatt

Om mitt liv i Stockholm
−スウェ−デンでリトアニア語と福祉−
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
木漏れ日のラトヴィア
木漏れ日のラトヴィア (JUGEMレビュー »)
黒沢 歩
ラトビアの首都リガに暮らす日本女性によるラトビア考察。ラトビアの素顔が見えてきます。
PROFILE
SEARCH
<< 再会 | main | メディア害 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
サマ−ジョブ事情
本日13日のStockholm Cityを読んでいたら、夏のバイトでタダで使われる学生の話が載っていた。「こんなこともあるのね」とさらりと流していたら、後半とても気になる記述が…
というのも、この夏ここ4年で一番サマ−ジョブの求人が少なくて、夏の仕事を探していた若者の80%が仕事にあぶれたそう。

これ、移民の話じゃなくて、一般的スウェ−デンの若者の状況よ!ネイティブ・スウェ人の若者でも仕事を見つけられないんだから、移民で仕事を見つけるなんてもっと大変なわけよ。

こんなんで大丈夫か、スウェ−デンの将来…
| Mary | 瑞典的生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://jessicatt.jugem.cc/trackback/76