Tonfiskatt

Om mitt liv i Stockholm
−スウェ−デンでリトアニア語と福祉−
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
木漏れ日のラトヴィア
木漏れ日のラトヴィア (JUGEMレビュー »)
黒沢 歩
ラトビアの首都リガに暮らす日本女性によるラトビア考察。ラトビアの素顔が見えてきます。
PROFILE
SEARCH
<< skolslutning | main | サマ−ジョブ事情 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
再会
昨日は自分のスウェ−デン生活の中で最も付き合いの長い友人ナタ−シャに会いました。実はお互いに忙しく会ったのは殆ど1年ぶり。私の家の近くの行きつけのカフェで近況を報告したり、将来の展望を話したり4時間くらいお互い流れる滝のように喋り捲ってました。でも、今回は最短記録かも(笑)。どちらかの自宅だとランチからディナ−タイムまで居るからなあ。

彼女は大学院でバルト地域研究をしていて、もう夏休みなのに修士論文書くのに忙しい上に、研究機関でのインタ−ンの面接もぼちぼち受けてがんばってる模様。



彼女とは年も一緒だし、分野は違うけどキャリア志向も似てるし、刺激の少ないスウェ−デン生活のなかでお互いよい活性剤となってます。

そして今日、週末の日課であるブランチを取りに例のカフェに出かけたら、店員のリトアニア出身のロシア人女性が、ナタ−シャのことを「昨日の彼女ロシア人でしょ?」と尋ねてきました。ビンゴよん!日本人がなんとなく日本人を見分けられるように、ロシア人同士も分かるみたい。出身国は違うけど。

そして、今、積読になっている本を読んどかなきゃイカンと思い、ぼちぼち読み始めてます。夏休み中に3冊は片付けたいな。
| Mary | Dagbok | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://jessicatt.jugem.cc/trackback/73