Tonfiskatt

Om mitt liv i Stockholm
−スウェ−デンでリトアニア語と福祉−
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
木漏れ日のラトヴィア
木漏れ日のラトヴィア (JUGEMレビュー »)
黒沢 歩
ラトビアの首都リガに暮らす日本女性によるラトビア考察。ラトビアの素顔が見えてきます。
PROFILE
SEARCH
<< 実習はじまりました−Servicehus | main | もう残り4分の一 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
人生の最終章
Servicehusでの実習が始まって2週目です。昨日数学Cの全国統一テストも無事に終えました。数学Cの先生はベテランの教え方の上手い先生で、数学B、Cと1年間、この先生のおかげでモチべ−ションキ−プして乗り越えられて来たようなものです。そして、今期を最後に先生が定年退職をされることを聞きました。この話を聞く前からなんとなく、「そろそろ定年かしら…」と胸騒ぎがしていたのですが、ビンゴでした。数学Dまでお世話になりたかったので、ショックです。
定年退職といえば、今実習している先では老人福祉施設では年金生活に入ったご老人方のお世話をしているわけで、先生も来期からこのカテゴリ−に入られるのかと思うと、なんとなく寂しいのです。

実習先の施設に入居されているご老人方も色々で、死期が近くて寝たきりの人、癌を告知された後特に処置もなく痛み止めだけ飲んで死を待つ人、50代で脳卒中で倒れて車椅子生活を送る独身の女性、感じ良くはっきり物を話してくれるのだけど実は呆けが始まってる女性、孤独で訪問する親戚もあまりいないせいかいつも緊急アラ−ムをならして介護士を呼びつける人、95歳の所内最高齢だけど頭ハッキリそしてどこかお茶目な感じのする女性、二人で何とか暮らしているけどどこか暗い雰囲気の夫婦、逆にご主人が病気で車椅子なのだけどいつも明るく元気なご夫婦(その前向きな姿勢のせいか、ご主人も回復されてきているとのこと)等と色々なケ−スをみて老後のあり方について考えさせられました。

85歳でも元気なひともいる反面、50代で脳卒中で車椅子になるひともいるわけで、人生ってつくづく分からないなと。つまり、二十歳で子供を産んでもこのくらいの年の差じゃ子供のほうが先に寝たきりになる可能性もあるわけで、だったら40歳頃に子供を産んだほうが、自分が老人の頃に子供が元気な確立が高いわけか…なんて考えてしまいました。

こればっかりはどうなるか分からないしね。でも、前向きな方が人生は楽しそう。
| Mary | Mina Tankar | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
るー (2005/05/22 8:26 PM)
昨日、病気や怪我で退職した人のためのダンスクラブに行ってきました。みなさんとてもイキイキしていて、背筋がぴんっと伸びているんです。とても病気や怪我で何年も定年生活しているとは思えませんでした。

今朝、用事があってカツノリのお父さんに会ったら、年齢はずっと下なのにみなさんより老け込んでいてショックでした。病は気からとも言うし、なにか楽しみを見つけて楽しんで暮らしてもらえたらいいなと思いました。
メアリ- (2005/05/25 10:29 PM)
る-さん、
色々老後の人たちを見て、結局幸せそうに見える人たちは皆明るいんだよね。病気で車椅子に座っていても前向きに生きているので良くなってきている人も見たよ。気持ちの持ち方で人生が変わると言うのはホントだと思うけど、それが難しいんだよね。

福祉大国と言われてるスウェ−デンだけど、福祉の制度は整っていても、寂しいお年寄り多いよ。特に夕方の訪問時に孤独感から泣き出しちゃう人もいるしね。子供や孫がいても結局その人たちには自分たちの生活があるから、お年よりは二の次なのよ。うちのひろちんは子供がいないと老後が寂しいよなんていうけど、子供がいても寂しい老人いっぱいよ。
るー (2005/05/26 4:50 AM)
この前テレビで「高齢で体が弱っているけれど、病気ではないので、老人ホームに入れない老人」を紹介しててね。インタビュー中に泣き出しててちょっとかわいそうだったよ。

確かにね、お金はもらえても寂しいって言う人多いよね。カツノリのご両親がそんな感じ。孫たちもお金をせびるときしか相手にしないし、それを必死で追いかけてるよ。

カツノリは老後は、Husbilでキャンプの生活がしたいんだって。冬はオーストラリアで生活。子どもなんてあてにならん!って言ってるよ。
メアリ− (2005/05/28 6:51 AM)
る-さん、
入所したい場合にはBistandsbedomningがあるから、それによってどんなサ−ビスが受けられるか審査されるのよ。中途半端に自立できてると入所必要なしとハンコ押される可能性が高いよね。特に最近は地方自治体のVardenの予算が厳しいから。

お金にだけ釣られる孫なんて可愛くないよな。私なら要らないね。Servicehusのお年よりみてると子供もホントに当てになんかできないよ。スウェ−デンじゃ身寄りがいなくてもGodman(財産の管理してくれる人)を頼めるし、年金さえ確保できれば子供なしでも老後は大丈夫だよ。

私は自分でやりたいことがあるので、子供を育てる時間がないよ。実を言うと、子供のいる生活に夢を感じない。将来当てにならないどころか、お金だけ目当てに擦り寄ってこられるくらいなら、二人だけの水入らずな生活の方が私には向いてる。彼はそうじゃないから要調整なんだけどね。









url: http://jessicatt.jugem.cc/trackback/67