Tonfiskatt

Om mitt liv i Stockholm
−スウェ−デンでリトアニア語と福祉−
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
木漏れ日のラトヴィア
木漏れ日のラトヴィア (JUGEMレビュー »)
黒沢 歩
ラトビアの首都リガに暮らす日本女性によるラトビア考察。ラトビアの素顔が見えてきます。
PROFILE
SEARCH
<< In Lithuania | main | 新学期の始まり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
リトアニアから戻りました
リトアニアから昨晩戻ってきました。
今回は年末年始を親友宅で過ごして、私を知る良き人々とつかの間の団欒をしてきました。

実に5年ぶりだったのですが、私の親友は結婚して1歳になる双子の男の子のママになり、ヴィリニュス大学時代の友達はキャリアウ−マンになって、7年前から知る少年3兄弟のうち上の二人は、当時はまぶしいくらい可愛い男の子達だったのに今では2m近く身長が伸びてすっかり青年になっていました。そして、当時4歳だった末っ子くんにも身長を抜かされていました。

私を知る人の境遇が変わっていくのと同じで、リトアニアの首都ヴィリニュスの街の様子も大きく変わり、観光客も7年前とは比べ物にならないほどドカっと増えてました。

親友の彼女は双子の赤ちゃんを育てつつ、大学を通信で受講しているうえに、私までお邪魔しててとても大変なはずなのに、疲れた顔一つせず良くしてくれたのには大変感謝です。彼女のおばさん一家もこの5年間もスウェ−デンに移住したりしてどうしているのかいつも気になっていたのよと話してくれて、皆の優しさが心にじんじん響きまくりの5日間でした。

という訳でBlogのリトアニア編立ち上げました。
興味のある方はリンクから飛んでみてくださいね。
| Mary | リトアニア | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
カニエル (2005/01/05 1:35 AM)
お帰り〜。
それはそれは帰ってきたくなかったやろうね。
親友の、母として忙しいにもかかわらず大学の講座を通信で取っているような尊敬できる姿が傍にあり、美しい3兄弟はいるわ、親友のおばさん一家も優しいわで、ここに待つものがなければ向こうに留まってたんやない?:D

私は求職中の身だけども、時間があるから旅行したいなーとか思ってるけど・・・1人で好きに行動できない状況なのがイラつくところ。あーあ。
メアリ- (2005/01/06 1:06 AM)
カニちゃんへ、

ははは。彼女大変なのにそれでも「まだ泊まってったら」「リトアニアにいなよ」と言ってくれて本当に帰りたくなかったわ。あっちで自活できる基盤があったら、彼を置いてでも住んじゃうだろうな。

結婚していて、求職中となるとただの学生サンボより行動に自由が利かないよね。旦那を置いて一人で気楽に旅行なんてなかなか出来ないだろうし(私はしてるけど)。
るー (2005/01/08 7:03 AM)
メアリー、お久しぶり!
リトアニア楽しかったみたいですね〜。

私もずっと恋焦がれてるスペインには、行く機会がなくって、半ばあきらめモードだったのだけど、メアリーの行動力を見てスペインに行こうかなと思いました。

私もスペイン人の温かさに感動して大好きになったのだけど、やはりどんな場所のそこに住む人で決まるなぁと思いました。

KOMVUX終了したときに、ぱーっと旅行しようかな。アメリカで仲のよかったカツノリの友達のスウェーデン人二人が今結婚してスペインに住んでいるので、スペイン旅行はカツノリもいやとは言わないと思うんだよね。問題は資金だけど、今年の目標は節約なので、コツコツ貯めます。
メアリ− (2005/01/11 4:25 AM)
る-さんへ、

やっぱりそうだよね。ある国を好きになるのってそこで接した人に大きく影響されるよね。る−さんの恋してる国はスペインなのね。

うちももっとおお金を貯めなきゃ。一人ならともかく二人で行くとなると費用は倍以上かかるからね。次はひろしもリトアニアへ引っ張っていくわ。