Tonfiskatt

Om mitt liv i Stockholm
−スウェ−デンでリトアニア語と福祉−
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
木漏れ日のラトヴィア
木漏れ日のラトヴィア (JUGEMレビュー »)
黒沢 歩
ラトビアの首都リガに暮らす日本女性によるラトビア考察。ラトビアの素顔が見えてきます。
PROFILE
SEARCH
<< とうとう降りました | main | 職場研修 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Chinarevyn
昨日、ストックホルムの China Teatern で今上演されている Chinarevyn を観てきました。China Teatern 75周年を記念してテレビの歌番組の司会等で知られたLasse Berghagen、オペラのLoa Falkman(スウェのオフィスドラマ『Cleo』にも出ている)、コメディアンのMagnus Härenstamなどのスウェ−デンの大御所ア−ティストたちがコメディ、音楽、ダンスと色とりどりの出し物で楽しませてくれます。

Chinarevyn

Revyn とはスウェ−デン語でバラエティ−ショ−の意味で、上演されているのがChina Teaternなので中国嗜好も取り入れられていました。China Teaternに訪れたのは今回が初めてだったのですが、その名の通り中国調で、なにせ75周年だし、古さも有り余って劇場自体もいい味だしてます。

この Chinarevyn には一流のコメディアン、オペラ歌手、ダンサ−、オ−ケストラの人たちが出ているので質は高いですよ。でも、残念ながら私のスウェ語能力では40%くらいしか理解できませんでした。

外国語やっていて一番ハ−ドルが高いのはやっぱりユ−モアの理解です。言葉だけの問題じゃなくて日−瑞でユ−モアの根本的なセンスも違うしね。

そして、今日は今上映中の映画『The Incredibles』を相方と友達カップルと一緒に観に行きました。しかし、まあ!周りはチビッコだらけで、大人といったら私達とそのチビッコたちの引率者ぐらいでした。しかも、映画はスウェ語に吹き替え!!!忘れてた…スウェ−デンでさえお子チャマ映画は吹き替えが普通だった。でも、昨日の Revyn で慣らしておいたおかげでスウェ語でも大丈夫だったけどね。映画自体はテンポが良くて面白かったデス。どことなく『スパイキッズ』を思い出す映画だったんだけど。

というわけで、今週末は思いっきり息抜きしました。
| Mary | entertainment | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Cindra (2004/11/27 1:05 AM)
火曜日にREA(Roligt,Elakt,Aktuellt)を見てきました。楽しかったけど、やっぱり難しかった・・・。
パロディになっているのは分かるけど、パロディにしているもともとの人物・状況を知らないとまったく笑えない!!!それに、替え歌(この日本語の表現って古すぎ?)を歌っているんだけど、まったくその歌詞が聞き取れない。
う・・・ん、自分のスウェーデン語・スウェーデンに関する知識はまだまだと思って帰ってきました。でも、それをマイナスしてもやっぱり楽しかったです。
メアリ− (2004/11/28 6:44 PM)
パロディは特に元になっている題材が分かってないと、ぜんぜんパロディじゃないですもんね。ジョ−クもまた然りで、私も言葉遊びを楽しめるほどスウェ−デン語分からないので、その点はせっかく劇場まで見に行ってるのにもったいないです。当面の目標はジョ−クの理解までスウェ語を上達させることかな。←それが大変!
Cindra (2004/11/28 11:56 PM)
日曜日はParlamentet(TV4)を見てます。旦那が隣で笑っているのに、いつまで経っても私はこの番組についていけず、がっかりです。確かに5年前に比べたら、少しは理解しているけど、笑いもそうだし、あのスピードにまったく付いていけず。。。ジョークが分かるくらいのスウェーデン語身につけたいな〜と私も心から思います。
メアリ− (2004/11/30 5:13 AM)
OJTでのスウェ−デン語はネイティブとのやり取りでも98%位は分かるんですけど、ジョ−ク in スウェ語は全く別物ですよね。私はコツコツやってきますわ。先は長いけど。