Tonfiskatt

Om mitt liv i Stockholm
−スウェ−デンでリトアニア語と福祉−
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
木漏れ日のラトヴィア
木漏れ日のラトヴィア (JUGEMレビュー »)
黒沢 歩
ラトビアの首都リガに暮らす日本女性によるラトビア考察。ラトビアの素顔が見えてきます。
PROFILE
SEARCH
<< 新たなるバイト | main | A Conversation at K Café >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
変化に対応
今日はうちの地域の初雪でした。ついに来たか…


最近はServicehusのバイトばかりで老人ホ−ムの方はちょっとご無沙汰してたんですが、今週末は掛け持ちしてみました。

久々に老人ホ−ムに行ってまず最初に気付いたのが、ロッカ−が新しくなって数も増えていたこと。そして、Personalrumのソファ−が消えて、テ−ブルと椅子に替わり、部屋自体の空間が広くなっていたこと。次に二人新しい入居者が入ったこと。極めつけは、また一人亡くなっていたこと。

Personalrumの変化のみならず、他にも、仕事が箇条書きにされてバイトにも仕事の範囲がさらに明確に分かるようになっていたりと、効率よく働けるようにとの試みがされていて、色々考えて実行する職場なのねと感心しました。

同じように、私も考えて、自分自身も変化に対応できるように柔軟にならないとなぁ。

とりあえず、明日からは、学校のコマ数が一気に2つも増えるので勉強モ−ドに切り替えないと。
| Mary | Dagbok | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |