Tonfiskatt

Om mitt liv i Stockholm
−スウェ−デンでリトアニア語と福祉−
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
木漏れ日のラトヴィア
木漏れ日のラトヴィア (JUGEMレビュー »)
黒沢 歩
ラトビアの首都リガに暮らす日本女性によるラトビア考察。ラトビアの素顔が見えてきます。
PROFILE
SEARCH
<< 巷は秋休み | main | 新たなるバイト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
これ誰?
相も変わらずリトアニア語ネタ。

水曜日のクラスでのこと、クラスメ−トのエリックが

Dzanas Claudas Van Damas って誰だと思うと聞いてきました。
答えはジャン・クロ−ド・ヴァンダムでした。

リトアニア語だと男性の名前の後に-as,-is,-usなどの接尾辞が就く上にJで始まる名前はDz(zの上に谷記号)につづりが変わってしまうので、傍目に「いったい誰やねん?」という事になってしまうのです。


リトアニア語マジックでした。

| Mary | Dagbok | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://jessicatt.jugem.cc/trackback/104